PLANプラン紹介

CASE03リビング階段のある家

土地の特性を活かしつつ
コストダウンを図った調和の家。

周辺をマンションに囲まれ高低差のある土地の、自然との調和を施したプラン。このような土地の場合、高低差をなくし平地にして建築するのが一般的ですが、あえて高低差を利用し、通常の家の2階ほどの高さにデッキを設置、以前からあった桜の木を伐採せずにデッキに残しました。シーズンには満開の桜を楽しめる工夫を施しました。

基礎工事代金と造成代金の比較をおこなった上で、高さ2メートルほどの基礎を立ち上げ、中庭下の空間を倉庫として活用できように設計。外部環境を考慮した上で、コストダウンを図り、桜の木も生活を豊かにする財産として活かしたプランです。

Data

2LDK

敷地面積/173.85㎡(52.58坪)

1階延床面積/63.00㎡(19.05坪)

延床面積/114.00㎡(34.48坪)

2階延床面積/51.00㎡(14.42坪)

このプランの資料をご希望の方はこちらから

資料請求

Others

NEWS

2018.06.226月30日(土)・7月1日(日) アーバンテラス高宮Ⅱ B号地 最後の『家づくり相談会』