K-MAGAZINE K-マガジン

IDEA 家づくりアイディアデザイン

2018-05-15

家づくりのアイデア・デザイン(パティオ1)

共和住宅では都心部で、周りは建て込んだ場所に建築する事も多いので、パティオのある住宅を多数計画して
います。まずは靴のまま入れるタイプの中庭から。


K様邸は南側の家の視線を考えて、5m程の壁を立上げています。土地の形状と壁の強度も考えて壁の一部を折るのを利用し、その部分に屋根を掛けて東屋として使えます。その奥に見える木製の吊戸を利用して、駐車場から直接パティオに入る事も出来ます。2m50cm幅のフルーオープンサッシでダイニングとつながった12帖のパティオの半分には屋根がかかり、日陰を作ってくれたりと、とても快適です。




K様邸は玄関土間の奥の引戸を開けるとパティオが表れます。引戸の横に見えるのは折りたたみ式の椅子で、ブーツ等を履いたりする時に重宝します。シャワーチェアーを使う事で、スタイリッシュに。パティオの奥には温水シャワー散水栓も用意して便利です。排水口の上部は床面と高さを揃え、プラスチック製の格子状の蓋を使用する事でパティオが広く使えます。




T様邸でも、このギャラリーみたいな土間の奥に6帖程のパティオがあります。西側隣地は一段低い土地ですが、4階建の事務所が建っていますので写真のように高い壁を立上げて2階ベランダで挟むようにパティオを配置する事で、1階奥まで光を導く事に成功しました。




 

NEWS

2020.10.28『我が家のアウトドアを遊びつくす。家 』随時ご案内しております。