K-MAGAZINE K-マガジン

COLUMN コラム

2020-06-22

近藤博美のコラム

前回のコラムで心配したようにどこにも行けなくて、コラムのネタが無くなりましたが、それどころではないくらい、経済が疲弊して来ましたね。

休みの日は遠出ができないのでもっぱらウォ―キング。気になる土地を見て回ったりしながら体力維持に努めていました。
そんな中で今回提案させていただいた土地に出会いました。今まではだいたい駅から15分以内、ほとんどが10分以内の土地だけをご紹介していましたが、視点を少し変えれば、福岡市内にはこんなに自然に恵まれながらも便利な場所があることが解かり、これだと将来的な価値も担保できそうです。
 
 

昔のレコードを出して来て順番に聴いたりもしました。ジェケットを眺めたり、ライナーツノートを読んだりと、ゆったりと時間が流れます。
表裏をかけ替たりと面倒くさくもありますが。昔はこれが楽しかったのかな?
左の写真は国内のアーティストでは一番枚数が多かった山下達郎のアルバムです。
7枚ありました。竹内まりやとこの夫婦いくら稼いでいるんだろう?
外国のアーティストでは12枚ストーンズが一番。こんなにあったかな?って感じですね。

 

 
なぜだか、
自粛のこの間も毎月棟上げをさせていただき、段差と変形で苦労した高宮Ⅲ・Bの基礎も右の写真のように打ち合がり、6月26日には棟上げ予定です。


5月末には15年前に母屋の建築をさせていただいたお客様がその家を子供さんに譲るために隣に建てる隠居屋の契約をさせて頂きました。母屋が冬あったかく、夏は涼しくて、風通しが良かったので特別な設備は必要無いと言われ、嬉しい月末になりました。

NEWS

2020.08.18アーバンテラス次郎丸 随時ご案内しております。