K-MAGAZINE K-マガジン

IDEA 家づくりアイディアデザイン

2017-05-24

家づくりの・アイデア デザイン(2階リビング)

最近、街中の密集地に立てる事も増えて、2階リビングのプランも多くする様になりました。

20年くらい前に数年間2階リビングの自宅に住んでいた事もあって体験した、メリット・デメリットを踏まえ、
ご説明差し上げながらプランニングを進めています。

2Fリビングの醍醐味はこの天井高さです。
構造的に無理をせず、高い天井高さを確保する事が出来ます。
1階で高さを取るためには、柱を太くしたりする必要があります。

1階で吹抜けを取ろうとすると、2階の室が狭くなったり、床の補強が必要だったりします。
2階リビングの最大のメリットは廻りの家と生活パターンが上下逆になる事と、一番長く居るリビングやキッチンで回りの家の設備や生活音等の影響が少ない点です。    


2階まで上がるとベランダ等も廻りの視線をコントロールしながら気持ち良く、利用する事もできます。そこに向かってリビングの開口を取る事で、開放的で心地良い空間に成ります。
この写真の様に南側の視線をコントロールしながら、大きなサッシを付ける事もできます。

この様に南の高い位置にサッシを取付て、マンションからの視線をコントロールしながら、太陽の光を受ける事も出きます。
高い位置から光を取入れる事で回りの壁を収納、デスク、本棚等に利用でき、落ち着いていながら、開放的な空間を実現できます。

この住宅では北東側にベランダを設置しています。
良く利用する夏場の事を考えるとこの位置がベストです。
光、風、音をコントロールして、心地良い空間を造り出せる2Fリビングは魅力的です。
老後の階段の問題やゴミ出し、子供の動線の話などマイナス面もチェック、解消しながらも検討する価値は有ると思います。

みなさまも選択肢の一つとして、いかがですか?

NEWS

2020.02.10お花のセミナーを開催します。